自律神経失調症とセロトニンの関係について

自律神経失調症の人はセロトニンが不足している?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自律神経失調症の人は、セロトニンが不足している可能性が高いです。自律神経失調症になる人の特徴は、ストレスを溜めやすい、ストレスに対して精神的に弱いということが挙げられます。

セロトニンがきちんと分泌されていれば、精神が安定するので、つまらない事でクヨクヨすることが無くなりますし、ストレスに対しても強くなれます。

ストレスは人間が生きていく上で避けては通れないものです。セロトニンを増やして、ストレス耐性を強くすれば、自律神経失調症の症状は良くなります。

自律神経失調症とはどういう病気?


私達の心臓は自動で動いており、呼吸は無意識に行われています。このように、私達の意識とは関係なく、体を動かし調整をしているのが自律神経です。

自律神経には2つの神経があります。活動するために働く交感神経と、休息するために働く副交感神経です。この2つの神経が健全に働くことで、私達の心と体はうまく機能するわけです。

ところが、強いストレスに晒され続けると、自律神経に乱れが生じます。こうなると、心と体が機能不全に陥ってしまいます。自律神経失調症の症例としては、下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群や過呼吸症候群、不整脈など多岐に渡ります。いずれも、症状として非常に辛い物ばかりです。

スポンサーリンク


セロトニンが、なぜ自律神経失調症に有効なの?


セロトニンは、脳内で作られ、心を癒し、精神面では安定感や平常心をもたらしてくれるホルモンの一種です。セロトニンがきちんと分泌されていれば、精神が安定し、多少のストレスには動じない強い心を持てるようになります。

ストレスは人間が生きてい上で、決して避けては通れない物です。セロトニンを増やしてストレス耐性を強くすれば、乱れた自律神経の改善に有効というわけです。

ストレスと上手に付き合う事も大切です!


ストレスを溜めやすい人は、自分なりのストレス発散法を見つける事も大切です。何もかも忘れて打ち込める趣味に没頭することは、心身共に最高にリフレッシュ出来ます。他の人が何と言おうが、自分が楽しい、面白いと思う事をするのがストレス発散には一番です。

時には、他の人に相談したり弱音を吐いても良いではありませんか。人間困った時はお互い様なのです。信頼出来る人に話を聞いてもらうと精神的に楽になりますが、これは気の合う人と直接会って話をするだけでも、セロトニンが分泌される為だと思われます。

早速、セロトニンを増やしましょう!


日光を浴びながら、一定のリズムで行うリズム運動を30分以内で行って下さい。出社前に、日光を浴びながら、ウォーキングをすれば良いのです。簡単でしょう?食事は3食バランス良く、セロトニンの材料となるトリプトファンを含む物を一緒に取りましょう。

トリプトファンは、大豆製品、乳製品、バナナなどに多く含まれています。これを最低3ヶ月は続けて下さい。すぐに効果が現れなくても、諦めないで、とにかく続けることが大切です。自律神経失調症の改善には時間がかかる事もありますので、少しずつでも、着実に症状を軽くしていきましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加