セロトニンが減少する原因について

セロトニンが減少する原因とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

セロトニンが減少する原因は様々です。主な要因として、日光を浴びない昼夜逆転の生活や、乱れた食生活、基本的なリズム運動の欠如や、疲労やストレスの蓄積などが挙げられます。これから、その原因を詳しく探っていきましょう。

日光を浴びない昼夜逆転生活は、セロトニンにも人間にも超過酷!


私達人類は、知恵を絞って便利な生活を手に入れました。今では宇宙へ行ったり、インターネットを使って、一瞬で世界中の人々と会話もできるようになりました。しかし、人間の基本的な体の構造は、太古の昔から何ら変わっていないのです。

昔から人類は朝日を浴びて昼間に活動してきました。それは、日光を浴びる事で、セロトニンが活性化されるためです。昼夜逆転の生活は、日光を浴びるべき時に寝ているわけですから、当然、セロトニン神経はしだいに衰え、結果的にセロトニンを作る量が少なくなってしまいます。

スポンサーリンク


乱れた食生活を続けていると・・・


セロトニンの元となる材料は、トリプトファンという物質です。トリプトファンは人体で作る事が出来ませんので、食品から取り入れます。1日3食バランスの良い食事を摂っていれば、トリプトファンが不足することは基本的にはありません。

朝食を抜いたり、簡単で便利な10秒飯などを食べていると、トリプトファンの不足により、充分な量のセロトニンを作る事が出来なくなってしまいます。

基本的なリズム運動(呼吸、歩行、咀嚼)をしないと、どうなるの?


セロトニンを増やすセロトニン神経は、脳の中の縫線核(ほうせんかく)という所にあります。縫線核の周囲には、歩行、咀嚼、呼吸などのリズム運動を形成する中核が配備されており、リズム運動を行う事で、セロトニン神経がプラスの刺激を受け、セロトニンが作られます。ですから、日常的にリズム運動を行わないと、セロトニンの量も減少してしまいます。

疲労やストレスが蓄積されると・・・


体や脳が疲れたり、精神的にストレスが溜まっても、疲労物質の乳酸が作られます。この乳酸がセロトニンにとって、くせ者なのです。乳酸が血液中に蓄積すると、脳をはじめ身体の機能が低下します。

当然、セロトニン神経も乳酸によって影響を受け、セロトニンを作る活動が抑えられてしまいます。疲労には休息を取ることが一番です。ストレスは、自分なりの発散法を見つけ、上手に付き合っていきましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加