セロトニン不足と偏頭痛の関係について

セロトニン不足で偏頭痛になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

セロトニンは適当な量分泌されていれば良いことばかりなのですが、分泌量が減ると偏頭痛を引き起こすことがあります。そのメカニズムについて見ていきましょう。

偏頭痛について


偏頭痛とは、頭の片側、あるいは全体が、心臓の鼓動に合わせてガンガンと痛む頭痛です。痛みは大変強いので、発作時は暗くて静かな部屋に寝ているのが一番です。偏頭痛の原因については複数の説がありますが、近年研究が進みいろいろなことが分かってきました。現在有力な説は、三叉神経が刺激を受けて痛むというものです。

偏頭痛とセロトニンの関係


では、三叉神経はどのようにして刺激を受けてしまうのでしょうか。そのこととセロトニンが関係しているのです。セロトニンには血管を収縮をコントロールする作用があります。何かのきっかけでセロトニンが減ってしまうと、血管の拡張と収縮が繰り返されます。これにより、血管を取り巻いている三叉神経が圧迫され、「痛み」として情報を伝達してしまうのです。

偏頭痛の対処法


セロトニンの分泌量を安定させられるように心がけることで、偏頭痛の発作をある程度減らすことができます。ストレスや不安を抱えていると、セロトニンの分泌量が不安定になります。ストレスによって分泌量が大幅に減ってしまうこともあるのです。偏頭痛の苦しみをできるだけ味わわないために、まずはストレスの原因を取り除きたいものです。そしてリラックスを心がけましょう。

偏頭痛がいったん始まってしまったなら、安静にしているのが一番です。痛みが治まるまで横になりましょう。偏頭痛の後には気分がスッキリすることもあれば、ぐったりと疲れたようになることもあります。痛みが激しかった場合には数日間頭に鈍痛が残ることもあるでしょう。偏頭痛があまりにもひどいなら、偏頭痛用の予防薬や鎮痛剤が処方されます。お医者さんに相談してみましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加