セロトニンを増やす音楽について

セロトニンを増やす音楽とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

心地よい音楽を聴くことで、セロトニンの分泌を促すことができます。脳をリラックスさせる音楽としてはモーツァルトが有名です。その他、耳に心地よいクラシックや環境音楽などもおススメです。

心地よい音楽がセロトニン分泌を促す理由


音楽には大きな力があることは誰しもが認めることでしょう。歯医者さんの待合室では緊張を和らげるクラシックやピアノ曲、オルゴール音が流れていることが多いですね。

にぎやかなイベントではファンファーレや打楽器が効いた音楽が使われ、場を盛り上げています。音楽は人の気分に影響を与えます。さて、セロトニンは「幸せ感」や「楽しい」という感情に関係したホルモンです。

イライラやストレスを抱えている状況では、分泌が抑制されてしまいます。そこで、音楽の力を借りて気持ちをリラックスさせると、セロトニンはより良く分泌されるのです。

心地よい!と感じることが大事


人によって、「心地よい」と感じる音楽は違います。もともとピアノ音が好きな人もいれば、それよりもギター音がいい、という人もいるでしょう。自分にとってリラックスできる音楽を見つけてみましょう。

時には悲しげな音楽が聞きたくなることもあります。疲れているときや忙しいときには、泣くことが必要な場合があるのです。そういう時に泣くのはとても良いことです。泣くことで自律神経が整い、気持ちの整理ができ、セロトニン分泌を助けることができるのです。泣きたいときには切ないメロディーを見つけ、聞くのもいいでしょう。

モーツァルトが注目されている理由


脳をリラックスさせてくれる音楽として有名なのがモーツァルトです。モーツァルトの音楽は、リラックス時の脳波であるa波を導き出してくれるのです。その理由として、モーツァルトの音楽にはまるで小川のせせらぎのような音のゆらぎが散りばめられていること、そしてそれが3500ヘルツ以上の高音であることが挙げられています。また、一定のリズムであること、変調が少ないこともその理由となっています。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加