セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンについて

セロトニンとドーパミンとノルアドレナリンの違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

脳内の3大ホルモン、「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」のそれぞれの役割について学んでいきましょう。いずれも人間に必要な物質ですが、一番重要な役割を担っているのは、「ドーパミン」と「ノルアドレナリン」の舵取りを担っている「セロトニン」です。まずは、それぞれの役割分担を見ていきましょう。

快感を操る「ドーパミン神経」


人間の強烈な欲求の1つに「快感」を得たいという事があります。簡単に説明しますと「努力して報酬を得たい」ということです。人間にとっての報酬は「快感」です。具体的には、地位や名誉、お金、美貌などが報酬となります。

「快感」を操っているのが、脳内のドーパミン神経です。報酬を得る事が出来た時に、快感物質ドーパミンが分泌されます。オリンピックで、水泳の北島康介選手が金メダルを取ったレース直後に「チョー気持ちいい」と言っていましたが、あの状態がまさに、ドーパミンによって脳が興奮し「快感」を得ている状態です。

こうした「快感」は、心地良さと同時に「意欲」をもたらします。次はもっと良い結果を出したいという意欲が湧く訳です。良く出来た仕組みなのですが、ここに落とし穴が隠されています。報酬が得られなかった場合、得られなかった「快感」が「不快」として認知され、大きなストレスとなってしまうのです。

スポンサーリンク


そのストレスが高じると、ドーパミン神経が過度に興奮し、「依存症」に結びついてしまうことがあります。アルコールやニコチン、買い物、薬物依存など、どの場合も人間に「快感」をもたらしてくれるという点では一致しています。

トーパミン神経は、良い状態にあれば、意欲やポジティブな心の状態を作り出してくれます。食欲や性欲などの欲求も演出する神経ですので、生きていく上で、非常に大切な神経なのですが、過度に興奮すると、依存症という深刻な問題をもたらす危険性を持っているのです。

脳内の危機管理センター「ノルアドレナリン神経」


ノルアドレナリン神経は、外部からの危険やストレスに対して「瞬時に様々な情報を分析し、経験と照らし合わせて、最前の行動を選択する」という機能を担っています。危険を感じると、心身を臨戦態勢に整えてくれる訳です。

私達人類がこれまで生き延びてこれたのは、ノルアドレナリン神経のお陰と言えるでしょう。いざという時には身を守ってくれるノルアドレナリン神経ですが、過度のストレスに晒され続けると、ノルアドレナリンの分泌が過剰になり、脳の興奮がコントロールできなくなってしまいます。

このような脳の異常興奮は、怒りを生みます。ノルアドレナリンが別名で怒りのホルモンとも呼ばれているのはこのためです。また、うつ病やパニック障害、対人恐怖症などの、さまざまな精神疾患の原因にもなります。

ドーパミン神経とノルアドレナリン神経の舵取り役「セロトニン神経」


セロトニン神経の主な役割は、精神を安定させ、幸福感を生み出すことですが、ここでは、ドーパミン神経とノルアドレナリン神経との関係に焦点を当てて説明していきます。セロトニン神経は、先に紹介した2つの神経もコントロールすることができる、脳の舵取りも担当しています。

具体的には、ドーパミン神経が「快感」で過剰に興奮しすぎないように、ノルアドレナリン神経が過度のストレスという「不快感」で落ち込むことが無いように、この2つの神経をバランス良くコントロールしてくれるのです。

そのため、セロトニンがきちんと分泌されていないと、ドーパミン神経もノルアドレナリン神経も暴走してしまい、心と体の健康が損なわれてしまうのです。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加