ニコチンとセロトニンの関係について

ニコチンがセロトニンを増やす?

このエントリーをはてなブックマークに追加

タバコに含まれる「ニコチン」は、セロトニンの分泌を増やします。しかし、喫煙でセロトニンを増やすのは、多角的に考えると絶対にお勧めは出来ません。「ニコチン」がセロトニンの分泌を促すのは事実ですが、そこには巧妙な“からくり”が潜んでいるのです。

また、重度のニコチン依存症になった場合、これは医師による治療が必要です。まずは「ニコチン」がセロトニンを増やす“からくり”について見ていきましょう。

脳が勘違いを起こして「セロトニン」が分泌される!?


脳内には「ニコチン」と構造の良く似た「アセチルコリン」という脳内物質が存在します。「アセチルコリン」を貯める貯蔵庫が「アセチルコリン」で満杯になると、それを合図に、快感物質のドーパミンが分泌されます。

タバコを吸うと、ニコチンが脳内に入ります。「ニコチン」と「アセチルコリン」は、双子の様に構造がそっくりですから、脳は見分けがつかず、「アセチルコリン」の貯蔵庫を「ニコチン」で一杯にしてしまいます。すると、それを合図に快感物質ドーパミンが分泌されます。

タバコで一服した時「あ〜、極楽だなぁ〜。」と感じるのは、要約すると「ニコチン」が「アセチルコリン」の代わりに、快感物質のドーパミンを分泌させているからです。

スポンサーリンク


ドーパミンの適量の分泌は健康上必要ですが、大量の分泌は、脳が「快感」を求める「依存症」を引き起こします。大量に分泌されたドーパミンを調整する為に、ドーパミンの過剰分泌を抑える役割を担っているセロトニンが分泌されるという訳です。

「ニコチン」依存症になる仕組み


現代人の脳も様々な事情により、クタクタに疲れているのです。タバコを吸ってニコチンを摂取していると、脳は真面目に働くのをやめてしまいます。自分で「アセチルコリン」を作るより「ニコチン」を摂取する方が楽ですから、脳は「アセチルコリン」を作らなくなってしまいます。

そして、最終的には「ニコチン」に頼るニコチン依存症になってしまうという訳です。本来脳が作るべき「アセチルコリン」が、劇薬の「ニコチン」で代用されているのですから、これは本当に恐ろしいことです。

さようなら「ニコチン」!セロトニンを、健康的に増やしましょう!


禁煙が難しいと思う方は、病院の禁煙外来できちんとした治療を受ける事を、お勧めします。依存症とは、病気であり、プロの治療を受けて、タバコとはきっぱり縁を切りましょう。

セロトニンを増やすには、衰えたセロトニン神経を元の状態に戻せば良いのです。太陽の光を浴びながら、一定のリズムで行うリズム運動を毎日30分以内で行って下さい。それ以外に、3食バランスの取れた食事を良く咀嚼して食べるようにして下さい。

衰えたセロトニン神経が元に戻るには最低3ヶ月はかかりますので、すぐに結果が出なくても、くじけないで毎日続ける事が肝心です。リズム運動は、ウォーキングやフラダンス、太極拳など、一定のリズムで行うものであれば何でも構いません。楽しく無理なく出来る物を選んで行いましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加