セロトニンとプラス思考の関係について

セロトニンが増えるとプラス思考になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

セロトニンを増やして、体も心も元気はつらつ、プラス思考になりましょう!セロトニンは「やる気・意欲」を引き出してくれる脳内ホルモンの1つです。セロトニンがきちんと分泌されるようになれば、気持ちが前向きになり、プラス思考で物事を捉える事が出来るようになります。

セロトニンが増えると、プラス思考になるのはなぜ?


セロトニンとは、精神を安定させ、平常心をもたらしてくれる脳内ホルモンの一種です。眠気を取り除き、人間が元気に活動できるよう、体と心を調整してくれる働きも担っています。セロトニン神経が活性化されると「やるぞ」という意欲が自然に湧いてきます。

姿勢が良くなり、体も心も元気はつらつとなり、ストレスに対して動じない強い精神力を持てるようになります。このように、セロトニンがきちんと分泌されるようになれば、自然と気持ちが前向きになり、プラス思考で物事を捉える事が出来るようになるのです。

セロトニンは、どうしたら増やせるの?


日光を浴びながら、5分以上30分以内のリズム運動を、毎日3ヶ月以上行って下さい。「え〜、3ヶ月もやるのかよぉ?面倒臭えなぁ〜。」と思ったそこの貴方!あなたのセロトニンは既に減少している可能性が高いです。

早速今日から始めましょう。衰えたセロトニン神経が元の状態に戻るには、最低でも3ヶ月はかかるのです。リズム運動とは、一定のリズムで繰り返し行う運動のことです。ウォーキングやガムを噛むのもリズム運動です。日光浴をしながらウォーキングをしたり、朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びながらガムを噛むだけでもOKです。

食事はトリプトファンを多く含む食品を取るようにしましょう。トリプトファンは、乳製品、アーモンド、大豆製品、バナナに多く含まれています。ただし、これらの食品さえ食べていれば良いという事ではありません。あくまでも、バランスの良い食事を取ることを前提に、トリプトファンを含む食品を積極的に取るようにしていきましょう。

トリプトファンをいくら摂っても、日光にあたり、リズム運動を行わなければ、何の意味もありません。毎日、日光を浴びながらリズム運動を行い、トリプトファンを含む食品を積極的に摂るようにしていきましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加