セロトニンについて

幸せホルモンとも呼ばれているセロトニンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

セロトニンとは、脳内で作られ、精神を安定させ「幸せ」を与えてくれるホルモンの一種です。最近、セロトニンの名前を良く聞くようになりましたが、これはセロトニンに、心を癒し、安定感や平常心をもたらす作用があるためです。その効用から、セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

現代社会はセロト ニン不足になりやすい


セロトニンに注目が集まっている理由は、それだけ精神的に不安定な状態の人が多いということでしょう。残念ながら、現代の日本はセロトニン不足をおこしやすい環境にあります。

長引く不況や、長時間の過酷な仕事による過度のストレスなど、精神だけでなく、生活習慣も狂わせる悪因が多すぎます。それ以外に、昼夜逆転の夜型生活や、運動不足、スキンシップの欠如などもセロトニンを減少させてしまう要因です。

セロトニンが不足すると様々な問題が・・・


セロトニンが不足すると、次のような事態を招くことがあります。具体的には、精神の安定を失い、うつ病を発症したり、不眠症になったり、凶暴性が増すなど、円滑な社会生活を送れなくなってしまうことがあるのです。最悪の場合、自殺をすることもあります。

以上の事から、セロトニンが人間にとって、いかに重要な物質であるか、お分かり頂けましたでしょうか?セロトニンがきちんと分泌されていれば、心や精神が安定するので、つまらない事にくよくよすることも無くなりますし、ストレスにも強くなります。

なにより「幸福」を実感することが出来るのは、人間が人間らしい生活をする上で、非常に意義のあることではないでしょうか?

セロトニンにはこんな嬉しい効果も!


嬉しい事に、セロトニンの効用はまだまだあります。アンチエイジングに効果を発揮し、姿勢を美しく保ち、ハリのある顔や、引き締まった肉体を手に入れることも可能なのです。これは、セロトニンに抗重力作用があるためです。

さらに、頭の回転が良くなったり、直感力が身に付くなど、脳の働きが改善されたという報告もあります。皆さんも、セロトニンを増やして、心身共に健康で幸せになりましょう!


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加