セロトニン症候群について

セロトニン症候群とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

セロトニン症候群とは、抗うつ薬など、脳内のセロトニン濃度を調整する薬を飲んだ時に起こる副作用のひとつで、セロトニン中毒とも呼ばれます。一般に、薬の飲み始めや服用量を増やしたときにおこりやすくなります。また、抗うつ薬の服用量が多すぎる場合にも起こりやすくなります。

セロトニン症候群の症状


セロトニン症候群になると、体内の3つの神経系に影響が出てきます。それぞれの症状について解説します。まずは自律神経系。これは無意識のうちに血圧や心拍数などをコントロールしてくれる神経です。

セロトニンが過剰になると、高血圧、心拍数の増加、冷や汗、体温の上昇、吐き気などが起こります。これといって特別な理由がないのに緊張している感覚があります。

次に神経・筋肉への影響です。手や膝の震え、歯がガチガチなる、筋肉が硬直する、自分の意思とは無関係に体が動いてしまう、といった症状が見られます。最後は精神に与える影響です。

セロトニン症候群では混乱、錯乱、興奮、頭痛などが現れることがあります。考えがまとまらない、集中力がない、映画の意味が理解できない、などといった症状が現れたなら、セロトニン症候群かもしれません。

また、セロトニン症候群では昏睡状態になることがあります。熟睡と昏睡の違いは、熟睡なら外部の刺激で目覚めることがあるのに対し、昏睡では目が覚めることがないという点です。セロトニン症候群の症状が重い場合は死に至ることもあるので注意が必要です。

セロトニン症候群の対処法


興奮や混乱など、精神的な症状についてはうつ病とも関連があるため、セロトニン症候群の症状として自覚するのは難しいかもしれませんが、手足の震えや心拍数の増加、冷や汗、体温の上昇など、身体的な症状が現れるようになったならすぐに医師に相談しましょう。

一般的には薬の服用をやめると1日で症状が消えるといわれています。ただし、薬の服用量を減らすときや断薬するときには注意深さが必要です。自己判断で調節せずに必ず医師に相談しましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加