セロトニンを増やす薬(SSRI)について

セロトニンを増やす薬(SSRI)とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

SSRIは抗うつ薬の一種で、Selective Serotonin Reuptake Inhibitors(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を略したものです。

主にセロトニン受容体のみに作用し、脳内のセロトニン濃度を高め、うつ状態を軽減します。従来の抗うつ薬(三環系)と比較し、副作用が少ない割に高い効果が期待できるので、最近ではこちらが主流になっています。

SSRIはどのようにうつ病を改善するのか


うつ状態にある場合、脳内のセロトニン濃度が低いことが考えられます。セロトニン濃度を高めるために、SSRIが効果を発揮します。そのメカニズムについてお話します。セロトニンはシナプス前ニューロンから放出されると、シナプス後ニューロンに存在するセロトニン受容体に作用して、シナプス間隙に溜まります。

その後セロトニントランスポーターによって再吸収され、再利用されます。SSRIはセロトニントランスポーターに選択的に作用して、再吸収を妨げます。こうすることによってシナプス間隙に浮遊するセロトニンの量が増えるので、セロトニン受容体は刺激を受けることができ、うつ状態が改善されます。

三環系の抗うつ薬よりもSSRIが好まれる理由


一昔前は三環系の抗うつ剤が主流でした。これとSSRIの大きな違いは、SSRIがセロトニン受容体に選択的に作用するのに対して、三環系の抗うつ薬はさまざまな受容体に作用してしまうことです。とりわけ、三環系の抗うつ薬はアセチルコリン受容体に作用してしまう副作用が有名です。

薬がアセチルコリン受容体に作用すると、口の渇きや便秘、排尿障害、眠気、動悸、不整脈などと言った交感神経に係わる副作用が出てしまいます。その点、SSRIならセロトニン受容体だけ選択的に作用してくれるので、こうした副作用が大幅に減少し、しかも効き目が高いので多くの医師に好んで使用されています。

SSRIの注意点


SSRIは副作用が少ないと言われていますが、服用開始時1〜2週間や服用量を増やしたときなどは吐き気を感じることが多いようです。飲み始めは治療用量の10mgから服用を開始することができますが、やめるときには徐々に減量させていく必要があります。医師の指示に従って服用しましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加