セロトニンと笑いの関係について

セロトニンは笑うと増える?

このエントリーをはてなブックマークに追加

おもしろいことや楽しいことがあって、お腹の底から笑うとセロトニンの分泌が促進されます。さらに、ハッハッハ…、と声を出すことで腹筋のリズム運動ができ、セロトニン増加に効果がある、とも言われています。しかし、セロトニン分泌を増やしたいなら単に笑うのではなく、心の底から笑うのが一番です。

単に笑うだけでは意味がない


ある実験では、お腹の底から大笑いをしたグループはセロトニン濃度が高まったのに対し、面白くないのに無理して笑ったグループはセロトニンが逆に減少してしまいました。セロトニンの分泌を高めるためにはお腹の底から大笑いすることが大切なのです。

また、何かうれしいことがあって心がうきうきしている状態のときもセロトニンの分泌が活発になります。セロトニンを増やすためにはストレスの原因を取り除き、気の合うお友達とおしゃべりしたり、楽しめる趣味を持ったりするといいですね。ユニークで笑いをくれるペットを飼ってみるのもいいかもしれません。

泣くのもいい


ストレスを抱えているとセロトニンは減り気味になります。その状態が続くと憂うつになったり悲しくなったり、やる気が起きなくなったりします。そんなときに笑ってみろと言われても難しいでしょう。そんなときには思いっきり泣いてしまいましょう。

泣くことはセロトニン神経を刺激し、セロトニンの分泌を促すことが分かっています。また、泣くことで自律神経がリセットされるのです。泣いた後は不安や悲しみが消えて、スッキリとするのはこのためです。

ですから、時には泣ける映画を観て感動したり、切ないラブソングや小説の世界にひたるのもいいでしょう。過去に辛い経験をしたことで心が重くなっているのなら、タイミングを見て過去をじっくりと思い返し、心の整理をつけるのもいいことです。思い返して何度か大泣きしたら、辛さも徐々に消えて光が見えてきます。そうなったら、セロトニンが増えてきた証拠です。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加